資格の勉強で頭が痛いのが、そのための費用です。
独学なら大した金額はかからないのですが、
そのかわり合格まで時間がかかってしまいます。

1度の受験で合格できた場合と、2度、3度とチャレンジした場合では、
「合格していたらもらえたはずの資格手当」や、
「合格していたら手にしていたはずのチャンス」といった、
大きな違いが出てきます。


だから、できる限り1度の受験で合格できるよう、通信講座の利用を考えています。

ところで、大手通信講座のホームページを見ていると、
「教育訓練給付制度対応」という文字をよく見かけます。
実は、この制度が使えると、勉強のための費用の一部が戻ってくるんです。


費用の20%、上限10万円が戻ってくる!


教育訓練給付金を利用すると、教育訓練経費の20%、最大10万円が受講修了後に戻ってきます。なお、4,000円を超えないときは給付されません。

なお、教育訓練経費とは、
①受講者が自分で支払った費用であること
②教育訓練施設(資格学校や専門学校)に支払った入学金及び受講料の合計(最大1年分)であること(通信講座の場合、送料を含む)
がポイントとなります。

たとえば、
こちらの(http://www.foresight.jp/kyufu/)通信講座の場合、
対象コース1番上にある「社会保険労務士バリューセット2DVDコース」の明示書を開いてみると、
「教育訓練給付金の対処となる経費」が119,800円とあるので、
その20%は、

119,800×20%=23,960円 となります。

条件を満たして申請すれば、約24,000円が戻ってくる計算です。
これを利用しない手はないですね。

では、この制度を使うための要件を確認してみましょう。

ポイントは3つ


1つ目が、
受講する講座が、厚生労働大臣に指定された講座であること。
指定講座でないと、給付はありません!

2つ目が、
原則として雇用保険の被保険者であること。

そして、被保険者期間が1年以上あることが必要です。被保険者期間は、受講開始日に1年以上が必要になります。
給付金を申請するときに1年以上あればよいわけではないので、注意しましょう。以前にも教育訓練給付金をもらったことがある人の場合、前回の給付から今回の受講開始日前までに3年以上被保険者期間が必要になります。

3つ目が、
受講講座等を修了していること。

各講座には、修了の条件が決められていて、前述の社会保険労務士講座では、
「e-ラーニングによる確認テストの全回実施かつ8割以上得点した者を修了とします」としています。

一言でいえば、きちんと受講していないと給付されない、ということです。


つぎは、給付申請の仕方を確認していきましょう。