宅建士をとって転職を考えているので、当然年収が気になります。宅建士の年収といっても、勤めている会社の規模によって大きく異なるでしょう。税理士や行政書士のように、自営業ではないので、ものすごく儲かるイメージはありませんが、その代わり、安定した給与収入がのぞめます。

国税庁のデータによると、不動産業(宅建士の年収統計データはなし)の、平成25年度の平均給与は、月額約31.5万円~54.4万円です。31.5万円が10人未満の事業所、54.4万円が5,000人以上の事業所の平均給与額です。大きな企業になるほど、給与があがっていくようです。

資格手当が大きい

国税庁のデータには、資格手当も含まれているかは不明なのですが、宅建士を持っていると、月額5,000円~20,000くらいの資格手当が出ることが多いようです。ただ資格を持っているだけでなく、経験年数によって金額もかわってくるのでしょうが、月1万円もらえるとしたら、年間で12万円にもなり、大きな収入になります。不動産業界で働くことを考えるなら、資格は絶対に持っているべきでしょう。

高額報酬の求人情報もある

不動産業は、賃貸アパートやマンションの仲介から、投資用マンションの売買仲介、富裕層向け不動産のあっせんなど、規模も内容もさまざまです。
だから、求人でも「未経験40万円以上」など、高額報酬が期待できるものもあります。そいった求人は、富裕層向けの仕事が多いので、扱う不動産の金額も大きく、未経験だからと言って何の知識もなければ成果は出せないでしょう。勉強の意味でも、宅建士を持っていることは役立ちそうです。