ここからは合格後の話です。宅建士になるには、合格して登録されないといけないのですが、登録のためには実務経験が2年以上必要です。
そうなると、「せっかく合格しても資格を活かせるのは2年後!?」とがっかりしますが、実務経験がなくても登録できる方法があるんです。


登録実務講習


トップページでも少し触れた登録実務講習、<5点免除で楽々合格を目指したい!宅建士の講習>でご紹介した講習は「登録講習」と似ていて紛らわしいのですが別物です。

登録実務講習は、
実務経験がない人が、宅建士として登録するための講習です。
12時間のスクーリングと、修了試験があり、スクーリングの前には、自宅で自習期間が1か月くらいあります。

資格予備校などが講習を行っていて、内容やスケジュールはだいたいどこも同じです。
LECだとこんな感じ http://www.lec-jp.com/takken/kouza/jitsumu/outline.html
仕事をしている人をターゲットにしているので、土日の講習スケジュールもたくさんあります。


この講習で修了試験に合格すると、終了証が発行され、実務経験に匹敵する能力があるとして、宅建士として登録を受けられることになります。
「宅建士」を名乗るには、登録が必須です。試験合格で一安心、となりそうですが、
あと一息、登録まで一気に駆け抜けましょう!