宅建士(これまでは宅地建物取引主任者)試験の、ここ数年の合格率です。

合格率 合格点
H27(2015) 15.4% 31点
H26(2014) 17.5% 32点
H25(2013) 15.3% 33点
H24(2012) 16.7% 33点
H23(2011) 16.1% 36点
H22(2010) 15.2% 36点
H21(2009) 17.9% 33点
H20(2008) 16.2% 33点
H19(2007) 17.3% 35点
H18(2006) 17.1% 34点
H17(2005) 17.3% 33点
だいたい17%くらいの合格率です。合格率自体は安定しているので、まじめに勉強すれば合格には手が届くと思います。合格率が安定していない試験は、バクチ的な要素があり、運が悪いと合格できません。真面目にやれば合格できる試験は、難しくても取り組む価値があります。

17%というと、結構低く感じますが、宅建士の試験経験者に聞いた話によると、
会社に言われて仕方なく受験している人も多いようで、試験に遅刻して来たり、中には寝ている人もいるとか。本当にやる気がある人だけが受験するなら、合格率はもっと高いはず。数字に惑わされずに頑張ろうと思います。

だいたい7割(50点満点中35点)とれれば合格に手が届きますが、中には36点が合格点の年もあり、気が抜けません。自己採点で合格を確信できるには、36点は取っておかないと安心できません。

個数問題に対応できる基礎力が決め手になりそう

最近の試験傾向としては、個数問題が多くなっています。個数問題の場合、肢ごとに正解不正解が判断できないと、得点になりません。消去法で選ぶなどができないので、より正確な知識が必要です。宅建士の問題は、判例を聞くような難しい問題ではありませんが、覚えておかないと解けない「暗記問題」が多いので、地道に暗記していくことが大切でしょう。
暗記だけだと勉強がつまらないので、過去問を活用しながら、知識の定着を図る勉強をしていこうと思います。