独学の不安点である、続けるためのサポートを重視して通信講座を探してみました。通信講座も色々あって、ためしに「宅建 通信」で検索してみると、60万件以上がヒットします。このなかからどれを選ぶべきか。

上位表示される数件を比較してみる
1位に表示されたのがフォーサイト(http://www.foresight.jp/takken/
2位 ユーキャン(http://www.u-can.co.jp/%E5%AE%85%E5%BB%BA/
3位 エル・エー(http://www.la-school.co.jp/t/

サポート内容を中心に比較してみると、

電話質問 メール質問 その他
フォーサイト × e-ラーニング
ユーキャン 郵送質問
添削
エル・エー 日時指定で可能 郵送質問

メール質問はどの会社でも受け付けている。電話質問は、ユーキャンはいつでもできるようだが、エル・エーは実施日が決まっているよう。上位に表示される通信講座は、さすがにサポート体制が分かり易くホームページに記載されていて、安心感があります。ユーキャンには添削サービスがあるのですが、宅建士試験はマークシートの試験なので、添削してもらうようなところはありません。サンプルを見ると、ちょっとしたコメントが付いている程度でした。ここにお金をかけるのはもったいないかな、という印象です。

フォーサイトのe-ラーニングは、スマホなどで外出時にもテキストが閲覧できたり、確認テストができたり、スキマ時間の活用に良いツールのようです。電車の移動時間などをうまく使えるのは、働きながら勉強する身に嬉しいですね。

実績はどうなのか

できれば電話質問ができる講座が良いのですが、実績も気になるので確認してみました。
フォーサイト 平成26年度は74%以上の受講生が合格
ユーキャン 平成25年度 約1,600人の受講生が合格
エル・エー 実績不明

フォーサイトの実績がずば抜けています。ユーキャンは、数字上は大きな実績のように見えますが、受講生の全体人数が分からないので何とも言えません。ユーキャン、フォーサイト、それぞれ資料請求してみて決めようかな、と思います。実際の教材を確認するのは、大事ですよね。