宅建士の試験には、最初から5点もらえるという裏ワザがあります。「5点免除」といわれるものです。最初から5点もらえていれば、30問程度正解するだけで合格できます。合格はだいたい7割程度の得点(35点前後)と言われていますが、5点免除だと、6割とれれば良いことになります。これは見逃せません。

不動産業で働く人のための特典

しかし、誰でも5点もらえるわけではありません。所定の講習を受ける必要があります。講習を受けるだけで5点もらえるなら、すべての受験生が受講しそうなものですが、実は、この講習は不動産業で働く人しか受けられません。転職狙いの私も、当然受けられません。
宅建士の試験は、年々難しくなっていて、働きながら資格をとるのはかなり難しくなっています。しかし、不動産業を行うには絶対に資格が必要。事業所の従業員が増えても資格者が必要。事業者にとって厳しい環境なので、その救済措置、と考えることができます。だから、一般の人はこの恩恵にはあずかれません。残念ですが。不動産業界で働く人は、ここで5点ゲットして楽に合格を目指すのが良いと思います。